3/11(日) レオパレス21カップ トラブル対処リスト

  3月11日(日)に行われました、レオパレス21 カップ にて発生したトラブルに対しての、対処リストをお知らせします。

チーム「切り身。」、チーム「Work Miracle」、重複選手登録について

 本大会に出場したチーム「切り身。」に所属しているbocmaki選手が、大会に出場したチーム「Work Miracle」に所属しているbocmakl1960選手と同一人物(所謂サブアカウント)ではないかとの指摘がありました。

JCG Master Year2 Season4では、「一人で複数のコンソール、アカウントを使用して大会や試合結果を操作する行為。」は禁止としていますので、サブアカウント等を利用して出場権の制限をすり抜けようとする行為は、故意・過失を問わず、大会ルールで禁止されている「アビューズ行為」に該当しペナルティを受けます。

この指摘を受けて、運営で調査を行ったところ、以下の状況が判明いたしました。

  • 「bocmaki1960」というアカウントは元々 bocmaki 選手が管理するものである事。(本人からのお問い合わせで確認)
  • 「bocmaki1960」は、他のプレイヤーに譲渡されている(という説明)

本件の裁定について

本来、サブアカウントで参加権のない大会に参加した場合は大会ルール違反となり、ペナルティを受けます。これは出場チームにメンバー登録されている状況で既に該当しており、実際の試合参加の有無は問いません。しかし今回は「アカウント『bocmaki1960』は他人に譲渡されている(ので別人である)」という説明がありました。

そもそも、"PlayStation Network"利用規約では、アカウントの譲渡は禁止されており、アカウントBANを受ける可能性のある不正行為です。こういった利用規約違反をして参加登録を行い参加した状況を運営としては見過ごすことはできず、また、アカウント譲渡(=違反行為)を知りながら、その選手を参加させ運用したチームにもその責はあるものと認識いたします。これは、bocmaki選手が所属する「切り身。」も同様です。

従って、当該チームと選手に対して以下の大会ペナルティを科すものと致します。

  • チーム「切り身。」に対して: 大会ペナルティ《レベル2》
  • チーム「Work Miracle」に対して: 大会ペナルティ《レベル2》
  • bocmaki選手に対して:大会ペナルティ《レベル2》
  • アカウントbocmaki1960を使用した選手に対して: 大会ペナルティ《レベル2》

チームへのペナルティの結果、両チーム、および大会出場当時の所属メンバーは、以下の大会への出場権が失われます。

  • 「切り身。」の次に参加可能な大会
  • 「Work Miracle」の次に参加可能な大会

また、所属メンバーは他のチームに移籍してJapan Masters Year2 Season4 Finalsに出場することもできません。

更に、JCG運営としては基本的に、利用規約違反である、アカウント譲渡を認めることはできないため、今後永続的にbocmaki1960というアカウントは、bocmaki選手のサブアカウントとして取り扱います。

 

最後に、アカウント譲渡は、"PlayStation Network"利用規約で禁止されている行為であるだけでなく、大会にとっては、替え玉出場や出場資格のすり抜け(所謂大会ルールで禁止しているアビューズ行為)等に悪用される可能性のある、非常に危険な行為であるという認識です。選手の皆様は絶対に行わないでください。